2010年05月31日

<薬物依存症>現状説明と治療のためのフォーラム 名古屋で(毎日新聞)

 覚せい剤や処方薬による薬物依存症の現状と治療の必要性を多くの人に知ってもらおうと、当事者と家族を支援するNPO法人「全国薬物依存症者家族連合会」(栃木県小山市)は29日、名古屋市東区の愛知県女性総合センターで第7回フォーラムを開催した。

 フォーラムでは、薬物依存症者とその家族を対象にしたスペインの治療施設「プロジェクト・オンブレ」に赴き、研修を受けた近藤京子さんが、当事者と家族が人生を取り戻すための治療プログラムを紹介。国立精神・神経医療研究センター薬物依存研究部の松本俊彦医師が「司法的対応より治療的対応の方が薬物犯罪の再犯率が低い。依存症は慢性疾患なので、依存と気づいたらすぐ介入して治療を継続する必要がある」と指摘した。

【関連ニュース】
覚せい剤取締法違反:川崎信金の秘書室長を逮捕 所持容疑
覚せい剤:のみ込んで密輸、成田で摘発…容疑者を起訴
指定薬物販売容疑:ラッシュ9千本密売か、警視庁が男逮捕
大麻所持容疑:26キロ押収 ネット通販の2人逮捕
覚せい剤:300キロ密輸、会社役員に無期判決 福岡地裁

主婦の55.8%は「新聞を読んでいない」(Business Media 誠)
普天間で集中審議を=衆院議長に申し入れ―野党(時事通信)
注意報など細分化 22年度気象白書(産経新聞)
受動喫煙で血圧上昇=住民調査で明らかに―東北大(時事通信)
えびの市で安全性検査=来週にも移動制限解除―口蹄疫(時事通信)
posted by モリヤ タカノブ at 16:05| Comment(30) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。