2010年02月03日

1月前半寒く、後半温暖=降雪量少ない−気象庁まとめ(時事通信)

 気象庁は1日、1月の天候まとめを発表した。前半は冬型の気圧配置が続き、東日本から西で気温が平年を下回ったが、後半は全国的に気温が平年を上回った。日本海側では一時、北陸を中心に大雪となり、新潟県十日町市では4年ぶりに積雪が3メートルを超えたが、1月全体の降雪量は、北海道や東北のほか、北陸から山陰で少なかった。
 1月の平均気温は北海道で平年を1.8度、東北で0.9度上回り、この影響で北海道の降雪量は平年の93%、東北は57%にとどまった。北陸は59%、近畿の日本海側は45%、山陰は48%だった。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ウェザーフォト・気象の写真
関東甲信、大雪の所も=交通の乱れに注意
春の訪れ、早めか=気象庁3カ月予報
桜開花、平年より早め=ウェザーマップ、初の発表
「大寒」でも春の陽気=沖縄は夏日

公立中の3年生、塾代などに過去最高の40万円(読売新聞)
鳩山グループが「政治団体」に(産経新聞)
継続使用の可能性も=普天間問題で外相(時事通信)
「高島易断」名乗る祈祷料詐欺 起訴内容認める(産経新聞)
「ライ麦畑でつかまえて」のJ・D・サリンジャー氏、91歳大往生(スポーツ報知)
posted by モリヤ タカノブ at 20:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。